【スポーツ】津屋選手がMVPと得点王獲得

毎日新聞  2018年8月6日



デフバスケU21世界選手権大会 

津屋選手がMVPと得点王獲得


 7月6~14日に米ギャローデット大(ワシントンDC)で開催された

「第3回U21デフバスケットボール世界選手権」

 に男子全日本チームの一員として出場した

東海大体育学部2年の津屋一球(いっきゅう)選手が

最優秀選手賞(MVP)と得点王に選ばれた。

試合でシュートを放つ津屋選手=東海大提供


 津屋選手は最多得点の218点を挙げ、チームの柱として活躍した。

加えて、総出場時間が最も長く、それぞれの個人成績の上位に

名前を連ねたことからMVPに選出された。

U21デフバスケットボール世界選手権でMVPと得点王を獲得した津屋選手=東海大提供


 チームは決勝で米国に63-81で敗れたものの、準優勝に輝いた。


  同選手権は2002年から開催されている聴覚障害がある21歳以下の

選手によるバスケットボールの世界大会。今大会は、男子10チーム、女子5チームが参加した。

日本は男女とも今回の大会が初出場だった。


  男子の日本チームは予選Bグループでポーランド、ギリシャ、スペイン、カナダと対戦した。

3勝1敗で決勝トーナメントに駒を進めると、リトアニアに85-58で勝利し

準決勝では、予選で敗れたポーランドに91-66で快勝した。

女子チームも準優勝を果たした。

準優勝に輝いた男子全日本チーム=東海大提供


  生まれつき両耳が聞こえにくい津屋選手は、普段は補聴器を付けて

同大男子バスケットボール部でプレーしている。高校時代からデフバスケットボールの

日本代表練習にも参加している。  


 津屋選手は「予選の1試合目でヨーロッパ王者のスペインに勝てたことが

チームにとって大きな自信となった。世界選手権で戦えたことは、自分の

バスケットボール人生においてとても大きな経験となった」と振り返った。


 MVPと得点王獲得については

「とても光栄なことだ。チームメートをはじめ、監督やコーチ、トレーナーなど

一緒に戦った仲間のおかげだと思うので感謝したい」と笑顔で語った。



人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000