【スポーツ】難聴のアマチュアが欧州ツアーで1打差2位

ゴルフニュース|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン 2018/07/30


「ポルシェ ヨーロピアンオープン」


難聴のアマチュアが欧州ツアーで1打差2位


◇欧州男子◇ポルシェヨーロピアンオープン 最終日(29日)
◇グリーンイーグルスGC(ドイツ)
◇7583yd(パー72)  


 ドライビングレンジで、彼は誰よりも静かにプレーオフを待っていた。

最終組でプレーしたリチャード・マケボイ(イングランド)が最終18番でバーディを決め

1打差で競り勝った「ポルシェヨーロピアンオープン」。

 

 先にホールアウトし、クラブハウスリーダーとして待っていた3人の

うちのひとり、アレン・ヨーン(ドイツ)は難聴を抱えるアマチュアゴルファーだ。 

2018年 ポルシェ ヨーロピアンオープン 最終日 アレン・ヨーン 
地元ドイツのアマチュア、アレン・ヨーンが2位フィニッシュ 


 2歳のころから聴覚が劣っていたヨーンは現在、障がいがない人の

5%ほどしか聞こえない。ただし、10歳で始めたゴルフの腕は折り紙付き。


 米国のジョージア州立大を経て2009年に一度はプロ転向。

その道は険しく、16年にアマチュアに戻った後、昨年の

デフリンピック(ろう者ゴルファーの世界大会)で金メダルを獲得した。

欧州ツアーには2年前のこの大会以来の出場だった。


 普段はトレーニング器具などのセールスマンとして働きながら

所属するドイツ南西部バーデン・ヴュルテンベルク州のコースで腕を磨く。


 両耳に補聴器をつけ、相手の言葉を読み取るために口や表情の動きを注視する。


 キャディとのコミュニケーションも同様。ショットのときは手に残る感触で

弾道が分かるという。 最終日はフィールドでベストスコアとなる「67」をマーク。


 アマチュアのため約15万ユーロの賞金は手にすることができなかったが、

「一緒に18ホールをたくさんの人が歩いてくれて、すごい雰囲気だった。

最高の気分だった」と感無量の表情を見せた。  


 ハンディキャップは「僕の一部だと考えている」という30歳。

「欧州ツアーの大会だから、もちろんものすごい自信になる」。

もう一度プロの道を志す道もある。

(ドイツ・ヴィンゼン/桂川洋一)


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000