動画:「サイレント・レストラン」従業員の半数以上が聴力障害者 北京

【5月17日 CNS】

従業員の半数以上が聴力障害者のレストランが中国・北京市(Beijing)

通州区(Tongzhou)宋荘鎮(Songzhuang)にある。

「サイレント・レストラン」と呼ばれ、インターネット上で話題になっている。

          (c)CNS/JCM/AFPBB News

  この店で10年働く丹丹さんにも、聴覚障害がある。

働き始めた頃は、どうやって客と交流すればいいのか分からず

クレームが寄せられることもあった。店長や先輩店員に助けられ

簡単な身振りや表情を通して客とコミュニケーションを図れるようになったという。


  現在、レストランの従業員25人のうち、15人が聴力障害者だ。

丹丹さんによると、従業員はこの店で働くうちに心を開くようになり

客とも交流することができるようになった。

動画はこちらから

(c)CNS/JCM/AFPBB News  
※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。
2018年5月17日  AFPBB News


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000