【マンガ】認知症リスクに大きな影響『難聴』

【超かんたん!図解で認知症予防】


認知症リスクに大きな影響『難聴』 

「めんどうくさい」が生む悪循環


今年3月、アルツハイマー病予防の世界的な委員会から認知症リスク要因9つのうち、

最も大きな影響を与えるのが「難聴」であるという研究成果が発表されました。

  認知症の「9大リスク」とは

(1)難聴(2)低教育(3)高血圧(4)肥満(5)喫煙
(6)うつ(7)運動不足(8)社会的孤立(9)糖尿病です。

  そして、中年期(45歳)以降の難聴を回復させることによって、

認知症の発症や進行を遅らせる可能性が初めて示唆されたのです。

今後は、難聴と脳神経分野が連携した、さらなる研究の進展が期待されます。



(1)難聴から始まる「めんどくさい病」  

   聴力の低下が「聞き返すのが面倒→人の話を聞かない→聴覚刺激の減少→会話の減少→社会性

   の低下→うつ症状」の悪循環を生み、認知症を進行させる。

   (1)難聴から始まる「めんどくさい病」 


(2)補聴器や集音器で対策バッチリ!  

    近年は補聴器や集音器の重要性が認識されるようになり、首掛け、耳掛けなどさまざまなタ

    イプのものが発売されている。

  (2)補聴器や集音器で対策バッチリ!


          2018.5.14     ©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000