補聴器普及率14%止まり…欧米に後れ、助成不足が影響か

yomiDr.  2019年1月7日


 国内の難聴者に対する補聴器の普及率が1割強にとどまり、

欧米各国を大きく下回っていることが、国内外のメーカー10社が

加盟する日本補聴器工業会の調査でわかった。


 購入する際に公費助成の対象となる範囲が狭いことなどが

影響しているとみられる。 


 調査は2018年4~5月、一般市民を対象にインターネットで実施し、

難聴者を含む約1万4000人分の回答を得た。


 聞こえの状態に関する質問のほか、難聴者には

補聴器の所有などを尋ねた。


 普及率は調査結果を基に実際の人口構成などに合わせて推計した。




人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000