「治療法がない」「回復も困難」… “騒音性難聴”の予防と対策

TOKYO MX+  2019.01.05


 TOKYO MX(地上波9ch)のワイドショー生番組
「バラいろダンディ」(毎週月~金曜21:00~)。

12月13日(木)放送の「無病息災!バラいろ健康学会」のコーナーでは、

産婦人科医の丸田佳奈先生が“

騒音性難聴の予防と対策”について解説しました。


 騒音性難聴とは、騒音に長期間さらされ続けることで進行する難聴のこと。

別名、職業性難聴、ヘッドフォン難聴とも呼ばれています。 

 その最たる特徴は、徐々に進行するため、始めの自覚症状が少ないことです。

丸田先生いわく

「症状の出始めは、会話など生活音ではない音域から障害され、進行してから

会話の音域にまで症状が表れるため、すごく気付きにくい」のだとか。


 症状は、聴力の低下や耳鳴り、耳閉感が両耳同時に起こるそうです。 

騒音性難聴の原因は、騒音によって内耳の有毛細胞が障がいされることで起こります。

85dB以上の騒音に1日8時間以上さらされ続けると、5年以上の経過で徐々に難聴になるそうです。


 工事現場の職場など、騒音に囲まれた環境で過ごす時間が長い男性に

発症することが多いそうです。

 しかし、「ヘッドフォンなどでも騒音性難聴になってしまうケースがあるので、

最近は20代の方にも多い」と丸田先生は補足します。 

 85dB以上ある主な騒音レベルと基準となる時間の例が以下の通りです。

 これらの基準を見てわかるように、騒音レベルが大きければ大きいほ

どリスクが高まるそうです。

 そして、丸田先生が声を大にしていたのは、

騒音性難聴には治療法がなく、なってしまうと回復が困難であること。

 そのため、丸田先生は

「ならないように気を付けることしかできない」

と予防の重要性を訴えました。


丸田先生が紹介してくれた

「騒音性難聴」の予防と対策は以下の通りです


◆予防と対策 

・騒音環境を避ける 
・ヘッドフォンやイヤホンをつけたまま寝ない 
・遮音性の耳栓をする 
・定期的に聴力検査を受ける


 なかでも、丸田先生が強調したのは「寝たまま」のヘッドフォンとイヤホン。

「自分では聴いていなくても、耳はずっと障がいされている」と話し、

注意を呼びかけました。


 そして、いつの間にか進行しているという騒音性難聴の恐ろしさにふれ、

「定期的な聴力検査を心がけてください」と話しました。




人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000