強制不妊問題 聴覚障害者

神戸新聞NEXT  2018/9/13


強制不妊問題 聴覚障害者

月内にも提訴 神戸と明石の夫婦

神戸地裁=神戸市中央区橘通2


 旧優生保護法(1948~96年)に基づき、障害者らに不妊手術が繰り返されていた問題で、

聴覚障害を理由に手術を強いられた神戸市の男性(79)と明石市の女性(86)が、

国に損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こす意向を固めた。


 支援する優生保護法被害兵庫弁護団が13日会見し、9月末の提訴を目指して

準備を進めていることを明らかにした。


  この問題で聴覚障害者が提訴するのは全国初。

それぞれの配偶者にも聴覚障害があり、原告に加わる。


  弁護団によると、神戸市の男性は妻と結婚する数カ月前、20代で手術を受けた。

双方の親同士が本人たちには隠したまま、不妊手術を「結婚の条件」と決めていたという。


 一方、明石市の女性も20代で夫と結婚し、間もなく妊娠したが、

同じく説明もなく肉親に中絶手術と不妊手術を強いられたという。


  請求する賠償額は検討中だが、弁護団は旧法について

「(子どもを持つかどうかの)自己決定権を侵害する違憲な法律だった」

と主張している。





人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000