愛媛銀行、聴覚障害者への窓口応対を学ぶ

2018年9月13日(木)(愛媛新聞)


行員対象に研修会


愛媛銀行、聴覚障害者への窓口応対を学ぶ

 聴覚障害者に安心して銀行窓口を利用してもらおうと、愛媛銀行(松山市)は12日、

松山市南持田町の同行研修所で行員対象の研修会を開いた。


 窓口業務を担当する入行1~2年目の41人が筆談など円滑な応対を学んだ。

筆談ボードなどを使った対応を体験する行員=12日午後、松山市南持田町


  松山市社会福祉協議会の要約筆記者や聴覚障害者らが講師を務め、口元を隠さず、

ゆっくり話すなどの注意点を紹介。行員はヘッドホンを着けて聞こえにくい状態をつくり、

筆談ボードなどを使ったやりとりを体験した。


  古川支店の枡中日菜さん(22)は「耳が聞こえない環境は思っていた以上に不安だった。

今回の経験を窓口業務に生かしたい」と話した。 


 愛媛銀は2015年9月から、聴覚障害者に筆談で応対するなどコミュニケーションに

配慮することを示す「耳マーク」の表示板を窓口に設置している。




人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000