上映会「サイン・ジーン」

Istituto Italiano di Cultura e FCA Japan



上映会

「サイン・ジーン 

ろう者の初代スーパーヒーローたち」


手話で操る超能力を持った、選ばれしろう者のヒーローたちが

繰り広げるアクション、アドベンチャー映画


 ろう者であるエミリオ・インソレラが、X-MENや『007』シリーズといった

スーパーヒーロー、アクションの要素と、ローラン・クレーク、

アレクサンダー・グラハム・ベル、ジーン・マシューなど、

ろうコミュニティーの歴史的な人物とを融合して製作した「サイン・ジーン」。

撮影は、アメリカ、イタリア、日本で行われました。 

今回の上映会にあわせてインソレラ監督が来日し、

上映に先立ち、作品について解説します

(日本手話、日本語通訳付)。


監督・脚本・主演:エミリオ・インソレラ 

出演:カローラ・インソレラ、ベン・バアン、馬場博史、ウンベルト・インソレラ 

2017年/アメリカ, イタリア, 日本/70分/アメリカ手話, 日本手話, イタリア手話, 英語, 日本語, イタリア語, 日本語字幕付


開催日:2018年9月14日 
時 間:17:00 20:00 
主 催:イタリア文化会館 e FCA Japan 
入 場:無料 
会 場:イタリア文化会館アニェッリホール



あらすじ 

 トム・クレークは、何代にも渡る“ろう”一家の出身で、アメリカにおける

ろう伝道者のローラン・クレークの末裔である。


 トムは強力な突然変異を遂げた遺伝子サイン・ジーンを持ち、

手話を使うことによって超能力を発揮する。 


 しかし、トムは、同じくろうの弟ジャクソン・クレークが組織し、

サイン・ジーンの抹殺を企てる秘密結社1.8.8.0.との何年にもわたる激闘の末、

多くの能力を失ってしまった。 


 米国防総省傘下で、サイン・ジーン保有者たちで構成される

Q.I.A.(クインパール・インテリジェンス・エージェンシー)のトップ、

ヒュー・デニソンは、未解決事件の調査のため、

トム・クレークとケン・ワンをニューヨークから大阪へ派遣する。



お申し込み方法:こちらをクリックしてください。 

お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000