九州新幹線の乗務員らにiPhone/iPad導入

日経 xTECH/日経コンピュータ  2018/08/28


九州新幹線の乗務員らにiPhone/iPad導入、

異常時の対応力強化


 九州旅客鉄道(JR九州)は2018年8月28日、

九州新幹線の関連職員に米アップルのiPhone/iPadを合計124台導入すると発表した。

異常時対応の迅速化や、乗客向け案内の強化を目指す。

10月1日から利用を始める。

九州新幹線の800系車両 (出所:九州旅客鉄道)


 車掌と車両担当(車両メンテナンスなどを担当)にiPhone 8 Plusを合計54台、

運転士と工務担当(線路や信号などの設備メンテナンスを担当)、

指令員にはiPadを合計70台配備する。 


 例えば、車両故障や災害などの発生時に、運転士・車掌が撮影した

現場の写真・動画を指令員に送付し、適切な対応をできるようにする。


 異常時などに紙の規定やマニュアル類をiPhone/iPadから

閲覧できるようにして対応力を高める。

車掌は翻訳アプリや筆談アプリを活用。


訪日外国人や聴覚障害者向けのサービス向上を図る。 


 JR九州は各部門へのスマートデバイス導入を進めており、

2018年6月1日に在来線の全ての車掌にiPhone 8 Plusを、

全ての運転士にiPad mini 4を配備している。



人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000