大津で「じんけんフェスタ」

びわ湖大津経済新聞  2018.08.23


大津で「じんけんフェスタ」 

ロバート・キャンベルさんの講演も


 「じんけんフェスタしが2018」が9月17日、

ピアザ淡海(大津市におの浜)で開催される。

主催は滋賀県と滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会。


 全ての人の人権が尊重される豊かな社会の実現を目指して毎年9月に実施。

今年は「多様性を認め合う共生社会」をテーマに、

「みんなちがってええやん100人いたら100個の個性」

をスローガンに掲げてステージイベントやワークショップを展開する。


ステージイベントでは「『ちがい』を持つ人々との素敵(すてき)な日々に向けて」

をテーマにロバート・キャンベルさんが「『ちがい』を認め合い、

皆で幸せに暮らすことができる社会」へのヒントについて講演する。

ロバート・キャンベルさん


 歌のお姉さん「ぽんぴんず」によるオリジナルミュージカルや

歌を通して相手の気持ちを思いやる心の大切さを伝える「おはなし劇場」も実施。

歌のお姉さん「ぽんぴんず」


  体験コーナーでは聴覚障がい者のための多機能型施設「びわこみみの里」

で育成された聴導犬第1号のポッキーとユーザーの五十嵐恵子さんが、

聴覚障がい者の暮らしや聴導犬の仕事について話をする「聴導犬ポッキーのおしごと」や、

「手話ではなそう」「世界の民族衣装を着てみよう」などを行う。


  パンやバウムクーヘン、クッキーなどのスイーツの販売や、

人権啓発パネル展、バルーンアートプレゼントなども。


 担当者は「大人も子どもも楽しめる催しがたくさんある。

皆さんでお越しいただければ」と呼び掛ける。  


開催時間は13時~16時。入場無料。



人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000