【海外】【ミャンマー】大学生が初の映画祭

ニフティニュース(@niftyニュース)  2018年08月04日


【ミャンマー】大学生が初の映画祭 

民主化で学生活動が活発化


 2018年7月24日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、学生サークルの有志が映画祭を開いた。

学生が主催した映画祭は、ミャンマーで初めてという。


 フィクションやドキュメンタリーなど短編映画10本が上映され、ヤンゴン工科大学の

リンテッアウン監督の、聴覚障害の男性を描いた「サイレンス」が最優秀作品賞を受賞した。 

最優秀作品賞に選ばれ、喜びの表情を見せるリンテッアウン監督(右)
(ヤンゴン、撮影:茂野新太)


 主催者は、ヤンゴン大学とダゴン大学の映画製作サークルの学生有志6名。

会場となったヤンゴン大学のホールにはおよそ350席が設けられ、学生の観客で満席だった。


 主催者の1人、ダゴン大学のピャソンウーさんは、映画祭の目的を、若手映画監督の

発表の場を広げることだと説明した。

「学生たちは、情熱は十分だが、資金と技術が不足している。

優秀な監督に賞金を贈ることで、さらに良い映画を作ってほしい」とも語った。


 映画祭の開催以前に、学生らを集めて4度のワークショップを

開き、映画撮影技術を学んだという。 


 ミャンマーでは長らく続いた軍事政権下で、学生の活動は大幅に規制されてきた。

1988年の民主化運動をきっかけに大学は弾圧され、1996年にはヤンゴン大学が閉鎖。

民政移管後の政策変更で2013年にヤンゴン大学は再開されたが、今も学生のサークル活動は少ない。

そんななか、学生による映画祭が開催にこぎつけたことは、民主化による変化の一つと言えそうだ。

 【取材/執筆:茂野新太】



人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000