京都 戦時の障害者動員や差別

京都新聞  平成30年7月30日


戦時の障害者動員や差別、映像に 

京都、当事者証言や資料収録


 障害者が戦時に置かれた境遇や戦争動員について記録したDVD

「障害者と戦争」を、日本機関紙協会京滋地方本部(京都市上京区)などが製作している。


 障害者は戦力にならないと差別された一方で、戦争に駆り出された歴史を

伝える貴重な証言や資料を収める。


 北区の立命館大国際平和ミュージアムで31日に始まる

「平和のための京都の戦争展」で初公開される。 


 今年、38回目を迎える同展が初めて「障害者」をメインテーマに

するのに合わせて、「戦争展」実行委員会の構成団体である

日本機関紙協会京滋地方本部のほか、きょうされん京都支部と

日本盲教育史研究会が動画の製作を企画。


 京都で戦争を経験した障害者や、京都府立盲学校(北区)の

元教諭で日本盲教育史研究会事務局長の岸博実さん(69)

=宇治市=が出演する。


 府立盲学校同窓会長の白畠庸さん(82)=右京区=は

戦時中に盲学校中等部の生徒が傷痍(しょうい)軍人にマッサージをした歴史や

真冬でも暖房がなくて寒さで指がしびれて点字を読めなかった経験を証言した。


 脳性まひの梶巻一夫さん(85)=亀岡市=は

「生きていても国の役に立たない、ごくつぶしと言われた」と

非情な言葉を浴びせられた幼少期の体験を語った。


  岸さんは、修身の教育者が1943、44年に盲学校で講演した際に

「『目の不自由さからくる至らなさに思いを致せ』と語り

見えない子たちを追いつめておいて

『あなたたちでも国の役に立つ方法がある』と論じた」と説明。


 岸さんによると、一部の視覚障害者は、聴覚で敵の戦闘機の来襲を察知する

「防空監視哨員」に動員され、戦争に参加することで

「『のけ者』から逃れたい」と考えた人もいた。

軍医の下で兵士にマッサージを施して疲労回復を図る「海軍技量手」に就いた

視覚障害者には戦死者も出たという。 

米国などの戦闘機の音を収めた「敵機爆音集」 


 DVDの編集作業が進んでおり、収録時間は約1時間を見込む。

8月5日までの「戦争展」で各日3回程度上映し

障害者が敵機の音を聞き分ける練習をしたレコード「敵機爆音集」や

製造のため障害者が募金した零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の写真など

DVDに登場する資料も併せて展示する。

入場無料。


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000