新千歳空港 「手話フォン」設置

 FlyTeam ニュース  2018/07/12


新千歳空港

7月13日から手話対応型公衆電話ボックス

「手話フォン」設置


 新千歳空港は2018年7月13日(金)から、聴覚障害者向けの

手話対応型公衆電話ボックス「手話フォン」を設置します。

設置場所は、国内線旅客ターミナルビル2階のセンタープラザのエスカレーター横です。



  この手話フォンは、日本財団が聴覚障害者向けの電話リレーサービスとして提供し

電話料金は同財団が負担します。利用者はオペレーターと手話で会話し

通話内容を相手先に同時通訳することで、公衆電話のように電話が利用できるサービスです。 


なお、サービスの利用可能時間は8時から21時です。

なお、7月13日(金)は15時から利用可能となります。


詳しくは、新千歳空港のウェブサイトを参照ください。


新千歳空港 - 新千歳空港国内線旅客ターミナルビル 手話フォンの設置について 

(185KB)


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000