石川  甲子園へ ろう球児の絆

中日新聞  2018年6月27日


甲子園へ ろう球児の絆 7月14日、山代温泉で舞台劇


実話、せりふの字幕付き

 沖縄のろう学校の高校生たちが甲子園を目指す、実話を基にした

舞台劇「遥(はる)かなる甲子園」が七月十四日午後七時から

加賀市山代温泉の市文化会館カモナホールで上演される。

加賀おやこ劇場が創立二十五周年を記念して企画した。(小室亜希子)


    「たくさんの人に見てほしい」と呼び掛ける加賀おやこ劇場のスタッフ
     =加賀市大聖寺八間道で


 東京五輪があった一九六四年に沖縄で風疹が猛威を振るい、その影響で

生まれながらに聴覚障害がある子どもたちが、ろう学校で野球部をつくり

手話でコミュニケーションを取りながら甲子園を目指す物語。

劇団「関西芸術座」が演じる。


 劇場では十七年前にも企画したが、壁を乗り越えようと奮闘する

球児たちの姿が、終演後に観客が立ち上がって拍手を送るほど感動を呼んだ。


今回は昨年四月に施行された市手話言語条例を踏まえ

市聴力障害者福祉協会を通じて、耳の不自由な人を無料招待し

せりふの字幕も設ける。


事務局の新家佳代子さんは「素晴らしい作品なので、たくさんの人に見てほしい」と話している。


小学四年生以上が対象。


前売り二千五百円(当日三千円)

ペアチケット前売り四千円(当日五千円)。

(問)加賀おやこ劇場0761(72)7456



人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000