福岡  手話カフェ「nico」 スマイル0円

毎日新聞  2018年6月26日


「働く人もお客さんも笑顔に」聴覚障害者ら運営


 耳が不自由なスタッフらが手話や筆談で接客する手話カフェ「nico」が

福岡市博多区千代にある。


「聴覚障害者にも健常者と同じ仕事を」との思いから

2月にオープンして4カ月あまり。


店名の「nico」には「働く人もお客さんも笑顔になれる場所」

との願いが込められている。


 店内は1、2階の約40席。店に入ると、注文はカウンターにある

イラスト付きのメニュー表を指さして伝える。


 「指さしてね」と書かれたパネルや筆談用のホワイトボードが置かれ

着席後に要望がある時には手を挙げてホワイトボードで筆談をする。


 手話を使えれば手話で注文やスタッフとの会話ができる。


   注文カウンターで笑顔を見せるスタッフの宮崎さん=福岡市博多区で、末永麻裕撮影

 

 運営するのは、福岡市で障害者福祉サービス事業所を展開する

一般社団法人ノーマライゼーション。


 代表理事の松本昌彦さん(60)は長年聴覚障害者の働きぶりを見てきた経験から

「第一言語が手話で、(健常者と)言葉が違うだけ」と感じていた。


 新たな就労場所をつくれないか模索していた時、テレビで東京の

手話カフェを知って開業を決意。昨年5月から市主催の手話教室に通い始めた。


 その教室で同じ生徒として出会ったのが現在店長を務める

本野(もとの)有華さん(28)。


 前職のホテルのフロント業務で聴覚障害者の宿泊者とコミュニケーションが

取れなかったことから手話を習い始めた本野さんは

松本さんがカフェ店長を探していると知り

「手話を生かせるなら」と経験のない飲食業に飛び込んだ。


 スタッフは7人で、うち5人が聴覚障害者。

賃金や勤務時間は健常者と変わらず

松本さんは「カフェの仕事に聴覚障害者も健常者もない。


手話や自分の能力に自信を持ち、接客業でも

働けるんだと希望が持てるような店にしたい」と話す。


 スタッフで聴覚障害がある宮崎柚希さん(21)は、接客の仕事を希望して

何度も採用されず、心が折れかかっていた時に募集を見つけた。


 「接客は難しいこともあるけれど、お客さんに『ありがとう』

『また来るね』と笑って言われることがうれしい」

と店名のような満面の笑みを見せた。

【末永麻裕】



人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000