多言語ショー鑑賞アプリ ブロードウェーで導入拡大

Daily Sun New York  06/06/2018

多言語ショー鑑賞アプリ ブロードウェーで導入拡大


【4日付ウォール・ストリート・ジャーナル】

英語を話さない人もブロードウェーのショーが楽しめる、無料の翻訳アプリが話題だ。

提供するのはマンハッタン区のアプリ開発会社、ガラプロ(GalaPro)。

既に「オペラ座の怪人」など6つのショーで導入しており、今後さらに拡大する考えだ。


アプリの中で鑑賞したいショーと言語を選び、ショーが始まると同時に

スマートフォンの画面上でリアルタイムで字幕を表示する他

イヤフォンを使って吹き替え音声も流す。


同社によると対応言語は数十に上り、ほとんどのショーで日本語に対応。

音声言語認識機能で舞台と字幕や吹き替えを常に同期させ

ずれを生じさせない仕組みだ。

             アプリ内、「オペラ座の怪人」の画面


CEOのヨナ・バーリンさんによると、2015年の創業当時は

視覚や聴覚に障害のある人向けに音声言語認識機能を開発した。


アプリ導入に当たり各劇場に専用WiFi設置などの

初期設定料金や翻訳料金を課しており

今後は利用者にも5ドル程度の料金を課すことも検討中だという。


業界団体のブロードウェーリーグによると、16年から17年のシーズン中

観客の14.1%から22.5%は外国人だった。


同団体理事長のシャーロット・セント=マーティンさんは

「翻訳機能は劇場界が観客を増やすきっかけになるだろう」と歓迎した。


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000