愛知 名工大の音声案内

中日新聞  2018年(平成30年)6月6日(水)

名工大の音声案内

 「メイちゃん」新装 

弟「タクミくん」登場


 大型モニターの中の女性キャラクターが来場者を案内してくれる

名古屋工業大(名古屋市昭和区)の双方向音声案内システム「メイちゃん」が五日

リニューアルし、同大でお披露目会があった。


弟の男性キャラクター「タクミくん」が新たに加わり、外国語での案内も可能に。

さらに手話での受け答えもできるよう、準備を進めている。

      「タクミくん」(左)と「メイちゃん」のキャラクターを備えた
      双方向音声案内の説明をする徳田恵一教授=名古屋市昭和区の名古屋工業大で

 メイちゃんは、名工大の徳田恵一教授らの研究チームが二〇一一年に開発し

大学入り口に設置した。

世界最先端の音声認識技術と人工音声技術を活用したシステムだ。


 来場者の質問を音声分析し、縦横二メートルの大型ディスプレーに映し出される動画と

人工音声で答える。

 道案内や大学紹介などはもちろん、占いや天気など雑談も可能で

感情を込めることもできる。


 以前のシステムが老朽化したため今回、新たなシステムを開発し、設置した。

新システムでは、メイちゃんの弟という設定で二十代前半の男性キャラクターを追加。

名前は公募により「タクミ」と決めた。


 また、外国人にも案内できるよう、英語と中国語で受け答えできるシステムも新たに導入した。

このほか、来場者の手話の動作をセンサーで読み取り

手話の動画で応えるシステムも開発しており、本年度中には導入する予定だという。


 名工大を訪れた人は誰でも利用できる。

徳田教授は「名古屋工業大の誇る最新技術を体験できるシステム。

ぜひ一度試してほしい」と話した。  (坪井千隼)


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000