綾部市 京都

毎日新聞  2018年6月5日 地方版  


難聴者対話支援装置、窓口に配備

 綾部市は4日、耳が聞こえにくい来庁者と対話しやすいよう

市役所窓口に卓上型対話支援装置を配備し運用を始めた。

市によると、装置を窓口で活用するのは府内の自治体で初めてという。


4月に施行した「手話言語の確立及び多様なコミュニケーション手段の

促進に関する条例」に関連して導入した。


装置は特に高齢者が聞き取りにくいとされる高音域の響きを強め

雑音を省いて話し声を聞き取りやすくする。

115万円をかけ7台導入し、市民らの訪れる機会が多い課や

保健福祉センター、図書館の窓口にも設置した。


スピーカーは指向性もあり、福祉課の職員は

「プライバシーにも配慮でき来庁者とスムーズな会話ができそう。

筆談などと組み合わせて対応したい」と話す。

市は今後状況を見て装置を増やすことも検討するとしている。【佐藤孝治】


                comuoon(コミューン)

人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000