ごく普通の夫婦がろう児のための学校を設立


 お子さんの耳が聞こえないと判明したことをきっかけに、自分たちができることとして

ろうの子供たちが学ぶ環境の矛盾を取り去り、新たに整え直そうと

動き始めた玉田雅己さん、玉田さとみさん。


 それぞれに役割分担しながら駆け回り

「NPO法人バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター(BBED)」を設立。

普通の人の3倍も4倍も濃厚な日々を送るお二人に、学校設立までのお話と

それにまつわる広報の重要性について

二枚目の名刺WEBマガジンの安東と橋本が伺いました。


自分の子供とどのように意思疎通をはかればいいのか? 

現実へのショックが学校設立するきっかけに


—まず、BBED立ち上げの経緯からお話いただけますでしょうか。

雅己さん(=以下、敬称省略):

私たちの次男が2歳になったときに耳が聞こえないということがわかったことで

日本におけるろう教育の現実を目の当たりにしたのが、そもそものきっかけです。

1998年のことですが、その当時、ろう学校では手話での教育がなされていなかったのです。


さとみさん(=以下、敬称省略):

日本では、昭和8年からろう学校での手話が禁止されて

その状況がずっと引き継がれてきたのです。

聴覚口話による教育、つまり声を出すこと、聞き取ることが第一とされてきました。


雅己:

じゃあ次男とどうやってコミュニケーションをとればいいのだろうかと

とてもショックでしたね。口話教育というのは、手話を教えずに

聞こえる人に少しでも近づけようとする教育です。


話せるようにするための訓練なんです。それは違うだろうと思いました。

聞こえない子は自分の声を自分の耳で確認できないのだから

正確な発音ができるわけがありません。

そういった点に矛盾を感じ、次男を手話で育てたいと考えましたが

日本には手話での教育を採用している学校はありませんでした。


そういった経緯があり、ろうの青年が

“自分たちが受けてきた口話教育を子供たちに経験させたくない”

という想いで運営していたフリースクール「龍の子学園」に次男を通わせながら

公立ろう学校に手話で学べる環境をつくる活動を始めました。


フリースクールでは経営が不安定ですから

まずは基盤をしっかりさせるためにNPO法人格を取得しました。

それからしばらくして、小泉内閣が進めた規制緩和により

NPOでも学校を作ることができる「教育特区」の制定に向けた動きが始まりました。


—社会的な状況もお二人の活動の後押しになったのですね。

雅己:

はい。とはいえ、もちろんまだ誰もやっていなかったことですから

すぐに実現できたわけではありません。

ただ、(さとみさんとは)もしかしたらできるんじゃないか

できたらいいねという話はいつもしていました。


それで経営の安定化と、学校を設立するにあたっても

スムーズになるだろうということでまずは法人格を取得し

「NPO法人バイリンガル・バイカルチュラルろう教育センター教育部 フリースクール龍の子学園」

と名を変えました。


さとみ:

私たちが動き始めたのが2000年で、NPO法人になったのが2003年

2005年に特区提案が通り、2008年にやっと明晴学園を設立できたのです。


2003年くらいから様々な場所で「ろうの子供たちが日本でどのような状況にあるか」

ということを知ってもらうための活動をしてきましたが

その流れで特区についての情報を得ることができました。


そして「NPOで学校が作れるか」というテーマの勉強会に参加したことで

初めて教育関係のNPOの方々と出会い

仲間の輪を広げると同時に、日本の教育には色々な問題があることを知りました。


A4両面のコピーと“1分プレゼン”から始まった

たった二人の広報活動


—ろうの子供たちを取り巻く状況について広く知ってもらうために

具体的にどのようなことをされてきのですか?

雅己:

最初にしたことは、読売新聞に掲載されていた「こども未来財団」の

エッセー募集に応募することです。


さとみ:

すべてはそこから始まったのかもしれません。広報というよりも

ろう学校では手話を使っていないということ、手話で育てた方がいいのだという考え方を

とにかく広めなくてはならないと必死だったのです。


我が家では読売新聞を購読していますが、そのきっかけも手話なんです。

次男が近くのコンビニに出かけたときに、ある男性を連れて帰ってきて。

聞けば「この人は手話ができるんだよ」と。


その方は聞こえるけれど、ご両親がろう者だということでした。

たまたま彼が新聞の勧誘の仕事をされていたので

読売新聞を購読することになったのです(笑)。

続きは


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000