三重 名張市が1日から筆談器配備

2018年5月25日  中日新聞

正確に早く意思疎通を 

名張市が1日から筆談器配備

聴覚障害者や耳が遠いお年寄りらが救急や通院時に

正確に早く意思疎通ができるよう、名張市は六月一日から

救急車や市立病院などに「筆談器」を配備する。

A4判より少し大きいサイズのボードで、専用ペンを使う。

磁器で文字を書くため雨にぬれても大丈夫。

消防の担当者は「あらゆる意思疎通手段を持つことで

現場で対応できるケースを増やせる」と期待する。

筆談器に書いた文字を示す消防署員=名張市消防本部で

続きは


追記

毎日新聞  2018年5月25日

筆談器26個に増設 病院、救急車にも配置 三重・名張

三重県名張市は6月から、聴覚障害者など音声でのコミュニケーションが難しい人向けに配置している筆談器を4個から26個に増やし、市立病院や救急車にも配置する。市によると、聴覚障害手帳を持つ市民は337人(昨年4月1日現在)。病気などで音声でのコミュニケーションが難しく、窓口で筆談を希望する人も少なくないという。市障害福祉室は「何度も描いて消すことができるので気兼ねなく利用してほしい」と話している。【衛藤達生】


2016年12月に同市西田原出身で、大阪府八尾市の男性が障害者福祉のために500万円を寄付。市は昨年、筆談器や手話通訳サービス用のタブレット端末、要約筆記のためのプロジェクターを購入するなどし、今回の筆談器増設も寄付金の一部を充てた。

続きは




人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000