一宮市が同時通訳を拡大 新たに5施設、12言語に対応


一宮市は二十一日、タブレット端末のテレビ電話を使った

外国人向けの同時通訳サービスを拡大した。

これまでは市役所本庁舎のみだったが、外国人住民の増加に対応し

市内の尾西庁舎、木曽川庁舎、中、西、北の各保健センターの計五施設に新たに導入。


耳の不自由な人向けの手話通訳にも使えるようにした。

  同時通訳サービスは二〇一六年に始めた。

英、中、韓のほかポルトガル、フランス、ネパール、スペイン、ベトナム

フィリピン、タイ、ロシア、ヒンディーの十二言語に対応し

施設を訪れた外国人は窓口のタブレット端末で言語を選ぶ。

続きは

2018年5月22日   中日新聞(CHUNICHI Web)


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000