師弟・職人 熱意映す教材 京都盲唖院 資料(もっと関西)

日本初の公立の特別支援学校「京都盲唖(もうあ)院」が

京都市中京区に開校したのは明治11年(1878年)5月のことだった。

障害を持つ子供をどう教え導くか。教師たちは情熱的に指導方法の開拓に取り組んだ。

創立140周年を迎えた今年、歩みを物語る資料約3000点が

国の重要文化財に指定されることが決まった。

             体育の授業風景を伝える「盲生遊戯並体操図」

■国の重文に3000点

資料のうち約2600点は後身の京都府立盲学校(同北区)

約400点は府立聾(ろう)学校(同右京区)が保管する。

府立盲学校で長年教諭を務め研究に取り組んできた

非常勤講師の岸博実さんを同校に訪ねた。

続きは

2018/5/16   日本経済新聞 電子版


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000