ボランティア 魅力は 居場所作り、手話活動紹介

地域のボランティアの魅力を紹介する「にしよどがわボランティアエキスポ」が13日

大阪市西淀川区のもと歌島橋バスターミナルで初めて開かれた。

子どもの居場所作りや手話などの各団体の取り組みが紹介され

多くの来場者がボランティア活動に関心を寄せた。

区民のボランティアへの参加を推し進めようと

同区地域振興会と同区ボランティア・市民活動センターが主催。

同センターの登録団体の約半数の20団体が出展し

メンバーがパネルなどを使って活動を説明した。


幅広い分野で子どもの支援に力を入れるNPO法人「西淀川子どもセンター」や

「姫島こども食堂Totto(トット)」

障害のある子どもの遊びを支援する「西淀川おもちゃ図書館『おもちゃばこ』」など

多様な団体が一堂に集まり、来場者は楽しみながら活動の意義に触れた。

  同区社会福祉協議会によると同センターへの

ボランティアの登録は増加傾向にあるものの

団体が約40団体、個人は約200人。

同協議会の担当は「区の約10万人の人口を考えれば少ない。

さまざまな団体のことを知って、参加してほしい」と話した。

 2018年5月14日 大阪日日新聞


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000