聴覚障害者の知られざる苦労、抗がん剤治療を拒否された理由

手話を通訳するサポートサービスの 普及が広がっている

耳の不自由な方は、

(1)生まれつき聞こえない

(2)生まれたときから、聞こえが悪い(わずかながら聞こえる)

(3)事故・病気・加齢で、途中で聞こえなくなった・聞こえにくくなった

   の3タイプに大別できる。

   この中で、主に手話によってコミュニケーションを取る人は「ろう者」と呼ばれる。


昨年、全日本ろうあ連盟が発表した調査結果によると

「聞こえないから」という理由で、差別的な対応を受けた経験がある人は

回答者(811人)の87.4%にのぼった。

   例えば、飲食店で予約や入店を断られた、不動産会社で家を借りられなかった

旅行会社でツアーに参加できなかった、遊園地でジェットコースターや

観覧車に乗れなかった等の回答が集まった。

  病院での差別的対応は、職場に続いて、2番目に多かった。

  例えば、こんなエピソードを紹介しよう。

続きは

2018.5.16  ダイヤモンド・オンライン

人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000