手話が、家族とぼくを繋いでくれた。

手話が、家族とぼくを繋いでくれた。

手話を理解するワンコ

首を傾げる仕草で、キュンとさせてくれるワンコ。
スタッフォードシャー・ブル・テリアのIvorは、
生まれてからわずか10ヶ月の間に捨てられ、
5つもの家族にたらい回しされてしまったそうです。  
その理由は、耳が聞こえないという障害にありました。


しかし、英国動物虐待防止協会に保護され、
愛情たっぷりに接してくれるスタッフさんたちに出会います。
人間と犬のコミュニケーションにおいては、声や言葉が大きな役割を果たします。
耳の聞こえないIvorは、人間の指示をうまく受け取れていなかったのです。  
そこで保護協会のスタッフは、Ivorに手話を教えました。
すると「おすわり」や「おいで」もちゃんとわかるようになったそう。

続きは こちらから

Licensed material used with permission by Ivor                   2018/05/06 TABI LABO


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000