聴導犬とは


耳の不自由な人に音を運んでくれるパートナー


聴導犬の役割

聴導犬は、タッチをするなど色々な動作を使って、耳の不自由な方に音を知らせて

生活をサポートします。

赤ちゃんの泣き声、FAXの呼出音、ドアのチャイム、目覚まし時計の音等々、

生活をしていく上で必要な様々な音を覚えます。

離れた所で音がした場合でも、ユーザーの所まで行ってそれを教え、音源まで誘導します。

 又、警報機の音を知らせるなど、ユーザーの安全を守る仕事もします。

家の外では、窓口での順番待ちの時に、鈴を鳴らしてもらい

名前が呼ばれた事を知らせる仕事などがあります。

 音が聞こえない事からくる不安を軽減し、耳の不自由な人の快適で安全な生活を

支えるのが聴導犬の役目です。

詳しくは 公益社団法人 日本聴導犬推進協会

人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000