高知 実践力を磨く 学生が聴覚障害者と交流

毎日新聞  2018年7月10日


実践力を磨く 学生が聴覚障害者と交流 

高知情報ビジネス&フード専門学校


 手話を学ぶ専門学校生が、実際に手話で聴覚障害者と交流し

実践力を磨く授業が9日、龍馬学園 

高知情報ビジネス&フード専門学校(高知市北本町1)であった。

学生らは学んだ手話を使い、自己紹介をした。 

  

     手話でスピーチする学生(左)
     =高知市北本町1の高知情報ビジネス&フード専門学校で、松原由佳撮影


 同校では、ショップ・ブライダル学科と公務員学科で、2年間にわたり

週2時間の手話の授業を行っている。この日は、ショップ・ブライダル学科の2年生14人が

ゲスト講師で県聴覚障害者協会の会長、竹島春美さん(58)と

手話対策部長、藤田由紀子さん(62)と手話で交流した。


 健康をテーマに、1分間スピーチをした。

学生らは笑顔で「体を動かすことが好き」「手洗い・うがいをするようにしている」と

健康のためにしていることなどを手話で表現した。  


 受講した松岡優華さん(19)は「普段の授業だと、単語を覚えることが多いので

手話で会話できて楽しかった。ウエディングプランナーを目指しているので

耳の聞こえない人でも結婚式を楽しめるようにしたい」と話した。


 ゲスト講師を務めた竹島さんは「聞こえない人が来たときに

積極的に対応できるようになってほしい」と学生たちに期待を寄せた。

【松原由佳】



人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000