教育学部で手話課程

群馬大 

教育学部で手話課程 教育現場で支援、新たな試み

手話実践の授業で手話を使う学生たち
前橋市荒牧町の群馬大教育学部で2017年4月27日、鈴木敦子撮影

聴覚障害のある子どもたちが手話で授業を受けられるように

群馬大教育学部は2017年度から、手話通訳の資格を持つ教員の養成に取り組んでいる。

群馬大によると、福祉系の大学以外で手話通訳者を養成するのは全国的にも珍しいという。

国内で難聴も含めた聴覚障害がある児童・生徒は1万2182人で

そのうち県内は256人(文部科学省の2017年度調査)。

重度聴覚障害者の多くが通う県立ろう学校では

研修などで手話を学んだ教員らが授業をしたり、視覚情報で補ったりしている。

続きは

毎日新聞 2018年5月10日


人工内耳友の会関西

人工内耳装用者、人工内耳に興味のある方(難聴者に限らず健聴者の方)人工内耳装用児の保護者、難聴児の保護者の方にも是非ご参加いただくようにご案内します。

0コメント

  • 1000 / 1000